横浜市鶴見区の整形外科医院。リウマチ、痛風、スポーツ整形などを診療。

電話
スポーツ整形外科

SPORTS

古谷整形外科では、スポーツ種目による障害・外傷の特殊性を理解し、
早期スポーツ復帰を目的とした、適切な治療に努めています。
近年、競技としてではなく健康のためにスポーツをされる方が増えています。
スポーツによる突発的なけが「スポーツ外傷」とスポーツを続けていくうちに生じる故障「スポーツ障害」を合わせて「スポーツ傷害」といいます。
スポーツ傷害の治療は、傷害の程度、スポーツ種目によって違ってきますし、競技特性を理解したうえで行う必要があります。

ラグビーフットボール

RUGBY FOOTBALL

ラグビーは「走る格闘技」ともいわれ、走り・ぶつかり・押し合うことにより、膝関節や肩関節を中心に様々な外傷や障害が起こることがあります。

私自身が中3から大学までプレーした経験を活かし、ラグビー協会のドクターとして試合での応急処置や選手の治療にあたっています。
早期に正しい診断と治療を受けることがプレーへの復帰を早め、後遺症や再発を防ぐことにも繋がります。
これはラグビーだけでなくすべてのスポーツに通じることと思います。
スポーツでの外傷・障害はスポーツに詳しい整形外科スポーツ医の診察を受けてください。
ラグビーフットボール

子どもたちのスポーツ障害

SPORTS DISABILITY

子どもたちのスポーツ障害
スポーツによる身体の傷害には、一度の大きな力が加わって起こる「外傷」とわずかな力でも繰り返し加わることで起こる「障害」があります。

骨格や関節・筋肉などの運動器が成長途中である子どもたちは早くからスポーツをがんばりすぎるとスポーツによる「障害」がいろいろなところに起きてきます。
膝関節のオスグット・シュラッター病、脊椎の分離症、肘関節の野球肘などが有名です。
このような「障害」のほとんどはがんばりすぎ、やらせすぎによるものです。練習時間やその内容をきちんと考え、将来を考えた指導が必要です。

スポーツ障害のために、スポーツを断念しなければならなくなる子どもたちもいることを知ってほしいと思います。スポーツ好きの子どもたちが痛みを訴えたら、早めに整形外科スポーツ医の診察を受け、練習に無理がないか、いつから再開してよいかなども相談してください。

子どもたちのスポーツ障害

素人判断は危険です!

DANGER

どの程度で来院したらよいかわからずに、素人処置で悪化してから来院する方がいらっしゃいます。
もちろんちょっとしたケガで来院を避ける気持ちは分かりますし、来院の必要がない場合もあります。ただ、知っておいていただきたいのは、正しい治療を行わなかったばかりに、後に再発しやすくなったり、何かしらの後遺症の危険があるということ。
一度、捻挫や肉離れをすると再発しやすくなるといいますが、正しい治療をすればそんなことはありません。
どの程度で相談したらいいかという見極めも難しいものがありますが、まずは整形外科にご来院いただき、治療方針を決めましょう。
子どもたちのスポーツ障害

突き指(つき指)

突き指
「突き指」は、多くのスポーツに見られる外傷です。軽く捻挫しただけで放っておいてよいものもある一方、骨折や軟骨の損傷あるいは腱の断裂、さらには脱臼や脱臼骨折を伴う「突き指」もあります。
骨折や靭帯が切れている場合手術が必要となる場合もあります。
早期に、整形外科医を受診することが大切です。
勝手な素人判断で、引っ張ったり、捻ったり、押し込んだりしてはいけません。

確かに整形外科医は診断をつけた後で骨折や脱臼を整復するために指を引っ張ることがあります。
しかし、X線撮影も行わずに正確な診断を行わないまま、一般の方が整復操作を行うことは、さらに新たな損傷を加えることになり、極めて危険なことなのです。
突き指レントゲン
2ヶ所で骨折している         脱臼している    
例えば、外傷によって一番先端の関節が腫れて指が伸びないことがあります。
この場合、必ずX線撮影が必要です。指をのばす腱が断裂している場合と、先端の骨が折れている場合があるからです。手術を必要とする場合もあります。
このように、たかが「突き指」だと勝手に判断しないで、整形外科医の診断を受けてください。
そして、診断がつく前に無理に引っ張ることは危険ということを、ぜひ覚えておいてください。

スポーツ現場での応急処置

RICE

スポーツ現場で「ケガ」が起こった時に応急処置を適切に行い、早期に医療機関を受診し、適切な診断・治療を受ければ早期にスポーツ復帰を果たすことができます。
応急処置

RICE処置

R:rest 安静

はれや血管・神経の損傷を防ぐことが目的です。
副子やテーピングにて損傷部位を固定します。

I:ice 冷却

二次性の低酸素障害による細胞壊死と、はれを抑えることが目的です。
アイスバッグなどで、患部を冷却します。

C:compression 圧迫

患部の内出血やはれを防ぐことが目的です。
テーピングや弾性包帯で軽く圧迫ぎみに固定します。

E:elevation 拳上

はれの防止、または軽減を図ることが目的です。
損傷部位を心臓より高く挙げるようにします。

スマ-トフォンサイトを表示する